読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐカップ

ポケモンメモ(大嘘)

【艦これ】秋イベ雑感

f:id:mug_ike:20160107133652j:plain


今さらかい!





新年あけましておめでとうございます
今年もゆっくり更新していきます、よろしくお願いします

年が明けたもののネタがないので、前回の秋イベントについての感想をつらつらと書いていこうかなと思います


2015秋イベント、一応全海域甲クリアを継続して入手できる艦娘をすべて手に入れることができたのですが
正直つらい戦いでした
2015夏イベントが今までで一番ハードでしたが、それに次ぐ厳しさだったというのが個人的な感想です

厳しいものだったとはいえ、よかった点もあったのでその辺を分けて書きます


◯よかった点
・夏イベに引き続きギミックがあった
これは非常に嬉しかったことの1つ
夏イベの時には、運営側から何の告知もないまま実装され割と非難轟々と言った感じでしたが
12時でリセットされることを除けば個人的にはおもしろいと感じていた部分でした
今回はギミックのリセットが任務更新と同じ5時になり、またギミック解除が完了した場合は
ボスの姿やセリフに変化があったため、効果が現れていることを目で確認できるようになっていたのがよかったです
さらに、夏イベではギミック解除をしないとほぼ倒すことはできなかった(一部の提督はゴリ押しで突破していましたが)のが
今回はギミック無しでもそれなりに突破が見込める難易度になっていたのもよかったと思います

・輸送ゲージ
秋イベで初実装されたギミックの輸送ゲージ
イベントが輸送作戦であったこともあり、こういったものがあったのでしょうが
ボスを倒しきらなくてもクリアできるというのはおもしろかったです
輸送量を増やすためのドラム缶や大発と、通常の攻撃に用いる装備のバランスを取りつつ
こつこつゲージを削っていくのは攻略してる感じがしたので、今後もこういったギミックは採用して欲しいと思います

・海域の数
割と大事だと思います
夏は大規模作戦になるのが通例っぽくなっているので多くなるのは仕方ないですが
その他のイベントに関しては5つくらいがちょうどいいように感じます
前段作戦3~4+EO1~2で、前段作戦をクリアできれば目玉の艦娘ゲットできますよくらいが
多くの人が楽しめるのではないかな、というのが自分の周りの提督を見ていた感想



×よくなかった点(わがまま)
・PT小鬼群
コイツにあったまった人多いと思います
支援の爆撃で吹き飛んだりすることも多かったのですが、明確な対策が取りづらく
運営から有効とされていた「駆逐艦の砲撃」では装甲を抜くことがなかなかできず
「副砲を積んだ大型艦の砲撃」は避けられてカスダメに終わるという有様
イベント開始当初は小鬼群の挙動に不具合があったようで、それの修正が行われ
告知もありましたが、具体的にどう変わったのかは分からずじまいだったように思います
ゲームですし、手探り状態で有効打を見つけていくのはある意味本来あるべき姿なのかもしれませんが
もう少し改善されてもいいのではないかな、というのが率直な感想

・輸送ゲージ
上でよかった点として挙げましたが、唯一E-5の輸送ゲージに関してはほんのちょっとだけ不満がありました
輸送ゲージを削りきった後に、さらに戦力ゲージが現れる点です
そこまで凶悪な難易度の海域ではなかったのでストレスはあまり感じませんでしたが
輸送ゲージを削った後にボスが最終形態になって、それを撃破してクリア!
みたいなのを期待していたので、少し面倒だなと思ってしまいました
完全にわがままではありますが、次回以降のイベントでそんな感じになっていたら嬉しいです

・ドロップ率
運よく嵐もツェッペも手に入れることができましたが
ツェッペに関してはE-4を150周以上してやっと出てきたため苦しい戦いでした
中にはウン百周しても出なかったといった人もいたので、出てきてくれただけマシだったとも見れますが
さすがにどうなんだろうと思ってしまいました
艦これデータベースさんのドロップ表とにらめっこしながら掘りをしていましたが
難易度によるドロップ率はほとんど差がなかったようで(当然そこに集計されているデータが全てではないですが)
ここはもう少し変わらないのかな、と思います
ソシャゲのガチャと一緒で、確率がどうであっても出るときには出るもんですが
現状甲で挑むのは海域のクリアしやすさと艦娘の入手しやすさのどちらを取っても
愚策となってしまっているため、もう少し甲で挑むことのメリットを増やして欲しいと願う次第です
私自身、意地や見栄で甲を貫いているだけなのでこれも完全なわがままではあるのですが…





なんだかんだ言いつつ長くやっているゲームなのでこれからも続けていくとは思います
後半愚痴気味ではありましたが、それだけにもっとよくなって欲しいなという記事でした